入門

Tagged
陽の当たる教室通信No.72【有言実行】
ご覧いただきありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室では、前半はだいたい棋譜ならべをやって後半は子どもたちにやりたい事を選んでもらっています。棋譜ならべをそのままやりたい子も居れば、対戦をしたい子も居てそれぞれバラバラです。まとまってなにかをする必要はなく、それぞれがやりたい事をやればいいとしていま...
陽の当たる教室通信【No.67】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 8月に入り、親御さんも夏休みの方もいらっしゃいました。この8月は何人かの親御さんも、囲碁のレクチャーを希望されて囲碁を始められました。 囲碁教室に通われる生徒は両親が囲碁をやると思われがちです。ですが、陽の当たる教室では囲碁がわかる親御さんは4人くらいです...
陽の当たる教室通信【No.66】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 8月15日に開催されたジュニア囲碁フェスティバルに陽の当たる教室の生徒が3名参加しました。全員、ひだまりで囲碁を始めた生徒さんで今回は9路盤クラスに2名、13路盤クラスに1名参加です。 結果は2名の生徒さんが勝ち越して昇級しました! 普段大会が開催されてい...
陽の当たる教室通信【No.64】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもは夏休みに入り毎週会うたびに黒くなっていきますね。今回は、生徒が対戦がやりたい!というのでいつもと違う形で対戦してみました。普段はつかさ先生がやる多面打ちを子ども達に体験してもらいました。 多面打ちとは、1人のプレイヤーが複数のプレイヤーと同時に対戦...
陽の当たる教室通信【No.62】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室で子ども達と居る時につかさ先生が意識しててついついやってしまいがちなミスがあります。それは「突然の予定変更」です。 これは、やってしまいがちな事です。例えば、「10分後までこれやったら終わりね」と言っていた課題を予想外に2分で終わってしまった場合です。...
陽の当たる教室通信【No.54】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 5月5日に市ヶ谷にある日本棋院にて少年少女囲碁大会が開催されました。陽の当たる教室からは4歳〜中学2年生まで7人が参加しました。 それぞれのレベルに合わせたクラスに別れての対戦で今回は初めて大会に参加した生徒が2人いました。 初めての場所で、初めての人と対...
陽の当たる教室通信【No.52】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 4月22日に史上最年少棋士、仲邑菫さんのデビュー戦がありまたもやニュース等でも話題になっていました。仲邑菫さんが10歳、対戦相手の大森らんさんが16歳です。お二人を見ても分かる様に囲碁の棋士は若い人が多くいます。それは、囲碁の棋士には採用時に23歳未満であ...
陽の当たる教室通信【No.49】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもは負ける事を嫌がります。特に、負けず嫌いな子ほどそもそも負けそうな事に挑まない時があります。このような状況の時に、どのように対応すればよいのでしょうか? 1番大切な事は、先生や親がどうして欲しいかを伝える事です。負けそうだから挑まない。この中には、「...
陽の当たる教室通信【No.46】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 前回の日曜日は最多の10人の生徒が来てくれました!これまでの最高は8人でしたが、ついてにひだまりに置いてある碁盤全てをつかって棋譜並べをしていました。 下は4歳〜上は中学1年生まで年齢はバラバラです。ですが、やる事は基本的に同じ事をやっています。この時に大...
陽の当たる教室通信【No.44】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室には、強い子もいれば始めたばかりの子もいます。 なので、強い子も初心者も楽しめる企画を毎回考えています。 日曜日は久しぶりに人数が少なめだったので普段できない問題アスレチックをしました。 7つの問題を各所に作っておいて、子ども達がそれぞれ自分が解けそ...