カフェと囲碁 ひだまり

Blog

陽の当たる教室通信No.84

2021.11.12 fri
囲碁教室

ご覧いただきありがとうございます。
陽の当たる教室のつかさ先生です。

陽の当たる教室では、「囲碁が強くなる」ことよりも
「囲碁を好きになる」「囲碁を楽しむ」ことに重点を置いています。

囲碁はボードを挟んで向かい合うゲームで
一見すると大人しく遊ぶものにも見えます。
しかし、実際にはスポーツとなんら変わらない勝負事の世界です。

勝敗が決まるものだから、強くなることが大切だ。
そういう考え方もあります。
ですが、つかさ先生は強くなることが全てとは考えていません。
囲碁は、子どもの頃に覚えれば、その後やらなくなっても
20年後、30年後もまた変わらず遊ぶことのできるゲームです。
スポーツでは、20年後も同じように遊ぶことはできなくなります。
身体的な衰えが大きく関わるからです。
囲碁は、頭を使うゲームです。
身体とは違い、大きく衰えることはなく
年齢を重ねても成長することが可能です。
本当に人生の最後まで遊べて、学び続けられて
そして成長を感じる機会を得られるのが囲碁の大きな強みです。

だからこそ、強くなることだけにとらわれて欲しくない。
囲碁が楽しい、好きだと思ってもらえる瞬間を作る。
それが陽の当たる教室の大切にしていることの一つです。

普段は未就学児〜小学生の生徒さんが2〜4名ほどいらっしゃっています。
ぜひ、気になる方は見学も歓迎しておりますのでぜひお越しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

つかさ