囲碁教室

陽の当たる教室通信No.75【きっかけ】

陽の当たる教室通信No.75【きっかけ】

ご覧いただきありがとうございます。
陽の当たる教室のつかさ先生です。

陽の当たる教室の特徴は未就学児が多くいることです。
特に、1番下に3歳児まで居るのは珍しいのではないでしょうか?
小さいころから始める子どもは親が囲碁をやってるからですか?
とよく聞かれます。
結論から言うと、陽の当たる教室では違います。
陽の当たる教室は8割の生徒が教室で囲碁を覚えたまったくの初心者でしたが、囲碁に興味をもったきっかけは様々です。
先日来てくれた男の子は、池袋のサンシャイン水族館に遊びに行ったらたまたま見かけた囲碁サロンの看板がきっかけだとおしゃってました。

子どもはどこで関心を持つかわかりません。
たまたま見つけた看板かもしれないし、日曜日に見かけた囲碁番組かもしれないし、時代劇のワンシーンかもしれません。
両親が全くわからない分野だった場合は、当たり前ですがお試しで専門の人の所に連れて行くのがオススメです。
教えるのを仕事にしている人たちは面白さを伝える力があります。
きっと、子どもの興味をさらに引き出してくれると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまとお空いできる日を心待ちにしております。

つかさ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください