子供

Tagged
陽の当たる教室【No.38】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 2019年に入り、史上最年少棋士の誕生で囲碁がとても話題にのぼりました! 囲碁を知っている人からも、知らない人からも、 「なんであんな小さい子(9歳)がプロになれたんですかね?」 と聞かれます。 才能、という簡単な言葉で片付けられたらとても楽ですが笑 な...
陽の当たる教室通信【Np.35】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもに集中してもらうにはどうしたら良いか。 以前の通信でも書きましたが、わざと他の刺激(行動)を入れる事で集中を切る(正確には緩める)ことを意識しています。 集中を緩めるために入れている刺激は大きく2つです。 1つは、ハイタッチ もう1つは、席から立っ...
陽の当たる教室【No.32】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもが多い時につかさ先生が気をつけている事があります。 それは、良い事をしている子をかまってあげるということです。 この、良い事をしている子をかまうとは当たり前の事のように感じるかもしれません。 ですが、実際に良くある場面は、悪い事をした子を注意したり...
ひだまりの店内
ご覧頂きありがとうございます。 陽のあたる教室のつかさ先生です。 子どもが最初に棋力(実力)が大きく伸びるために1番良いのは対局(対戦)です。 だいたい、対局だけしてても5級くらいまで行けます。 ただし、初段以上になっていくためには「詰め碁(問題)、棋譜並べ、定石、戦術書を読む」等の勉強が必要になってきます。 陽のあた...
夏休みこども囲碁教室
始めましての方もそうでない方もこんにちは。 Pandoraです。 8/7(月)と8/22(火)は夏休みこども囲碁教室でした。 囲碁のルールから、石取りゲーム、9路盤での対局を楽しみました。 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。 その日のうちに19路盤で挑戦するお子さまもいて、 子供の能力は無限大だと改めて感...