囲碁教室

Tagged
陽の当たる教室通信【No.25】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 最近、教室では新たに検討会を初めました。 検討会というととても難しそうな響きですが、内容はそんなに難しくありません。 普段、みんながやっている棋譜並べの棋譜の中から1つ選んで先生が並べます。 棋譜の途中で「ここではどう打つでしょう?」という三択問題を出し...
陽の当たる教室通信【No.24】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室は、9月30日の教室でちょうど始まって1年経ちました。 昨年の10月1日に始まった陽の当たる教室は、最初の数ヶ月は生徒1人で、 毎週誰も来なかったらどうしようという不安を抱えながらやっていました。 しかし、今では毎週沢山来すぎたら、全員ちゃ...
陽の当たる教室通信【No.22】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 9月17日(月・祝)に日本棋院にて関東ジュニアペア碁大会に教室の生徒が参加してきました。 この大会は2人一組合計4人で対戦するペア碁の大会です。 通常ペア碁は男女のペアになるのですが、 関東ジュニアペア碁大会は、ペアの1人が中学生以下であれば参加できる大...
陽の当たる教室通信【No.19】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 誰かが夢中でなにかに取り組んでいるとその周りにいる子にも伝染します。 普段、棋譜並べが大好きでいつもずっと棋譜並べをしている子が、 隣で一生懸命問題集を解いている子を見て「自分もやりたい!」と言い始めました。 なにかを始める時は「やりたい!」と思った瞬間...
陽の当たる教室通信【No.16】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室では棋譜並べが大好きな生徒が多めです。 やはり、徐々に増えて行く石とそれを全て並べ終えた時の達成感が好きなようです。 もちろん、好きだと言っても毎度同じだと飽きてきます。 なので、つかさ先生は徐々に他の負荷をかけて難易度を上げる工夫をしてい...
陽のあたる教室通信【No.15】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 囲碁は碁盤を挟んで打てば年齢も国籍も関係なく楽しむ事ができます。 そのため、囲碁を通して様々な世代、国の人と打つ事でコミュニケーション能力があがります。 初めて挑戦することはなんでも緊張して上手くいかないものですが、 囲碁を通して年齢の離れた人や外国人と...
ひだまりの店内
ご覧頂きありがとうございます。 陽のあたる教室のつかさ先生です。 子どもが最初に棋力(実力)が大きく伸びるために1番良いのは対局(対戦)です。 だいたい、対局だけしてても5級くらいまで行けます。 ただし、初段以上になっていくためには「詰め碁(問題)、棋譜並べ、定石、戦術書を読む」等の勉強が必要になってきます。 陽のあた...
陽の当たる教室通信【No.10】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 ここ数ヶ月で陽の当たる教室には新しい子ども達が増えてきました。 その中で、先に教室に通っていた子ども達が先生を助けてくれる事が多くあります。 最初につかさ先生から教えてもらうことはもちろん囲碁のルールですが、 それと同じくらいマナーについて教えてもらいま...
陽の当たる教室【No.9】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室で一番子ども達に人気があるのが、棋譜並べです。 ブログでも何度もご紹介していますが、棋譜並べとは、プロが対戦した記録を碁盤に並べ直すという練習です。 下記は棋譜の一例です。 いきなり上の棋譜はできません。 まずは、1〜5手、5〜10手と少しずつ次に置...
陽の当たる教室通信【No.8】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもが囲碁に興味を持ち始めて、家でも囲碁をやりたがるけど なにを買えば良いのか分からないという話しをよくお聞きします。 つかさ先生のおすすめは19路盤と9路盤です。 なぜ、19路盤と9路盤なのか。 19路盤は公式戦のほとんどで使用されているので必ず持っ...