囲碁教室 ( 2 )

Category
陽の当たる教室通信【No.12】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 ここ二,三ヶ月ほぼ毎週新しく体験に来るお子さんがいらっしゃいます。 お越しいただいた皆さま、ありがとうございます。 年齢は幼稚園〜中学生まで様々です。 多くのお子さんは、囲碁の経験自体がまったくの初めてで来てくれます。 つかさ先生は、まったくの初めてのお...
陽の当たる教室通信【No.11】
ご覧頂きありがとうございます。 陽のあたる教室のつかさ先生です。 囲碁は自分の石を使って陣地を作って陣地の多さを競うゲームです。 対局の例 お互いの陣地を作ったら最後に相手の陣地を数える事を整地(せいち)と言います。 最初は交点の数を1つずつ数えていきますが、なれてくると自然と良く出てくる形で数字を覚えられます。 例、...
陽の当たる教室通信【No.10】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 ここ数ヶ月で陽の当たる教室には新しい子ども達が増えてきました。 その中で、先に教室に通っていた子ども達が先生を助けてくれる事が多くあります。 最初につかさ先生から教えてもらうことはもちろん囲碁のルールですが、 それと同じくらいマナーについて教えてもらいま...
陽の当たる教室【No.9】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室で一番子ども達に人気があるのが、棋譜並べです。 ブログでも何度もご紹介していますが、棋譜並べとは、プロが対戦した記録を碁盤に並べ直すという練習です。 下記は棋譜の一例です。 いきなり上の棋譜はできません。 まずは、1〜5手、5〜10手と少しずつ次に置...
陽の当たる教室通信【No.8】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもが囲碁に興味を持ち始めて、家でも囲碁をやりたがるけど なにを買えば良いのか分からないという話しをよくお聞きします。 つかさ先生のおすすめは19路盤と9路盤です。 なぜ、19路盤と9路盤なのか。 19路盤は公式戦のほとんどで使用されているので必ず持っ...
陽の当たる教室通信【No.7】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室では、2時間を休憩を挟んでだいたい1時間毎に区切っています。 1時間というと長いようですが、小学生以下の生徒さんも集中してできています。 それは、後半の1時間はやることを子ども自身に決めてもらうことが多いからです。 やることは、1.対局(対...
陽の当たる教室通信【No.6】
ご覧いただきありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室には、負けず嫌いな生徒さんも多くいます。 大半の生徒は、対戦に負けて泣いてしまったことがあります。 ですが、泣いてしまう事や、ふてくされてしまう事は決して悪い事ではありません。 なぜ、子どもは負けたらこの世の終わりかの様に泣いてしまった...
陽の当たる教室通信【No.5】
ご覧いただきありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 囲碁教室の生徒が二名、 4月28日(土)に行われた少年少女囲碁認定大会に出場しました。 二名の生徒がどちらも二勝することができました。 ですが、勝つ事以上にとても素晴らしかったのは、参加した生徒のマナーの良さです。 一生懸命考えすぎて背中を丸めてしま...
陽の当たる教室通信【No.4】
ご覧いただきありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室では、19路盤(一番大きいボード)全体を使ったシチョウ問題というものをやることがあります。 シチョウとは、逃げていく相手の石を追いかけて取ってしまう技のことです。 数ある囲碁の技の中でもとても分かりやすい技で「シチョウ知らずに碁を打つな」という囲...
陽の当たる教室通信【No.3】
ご覧いただきありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室では最後に必ずペア碁を打ちます。 ペア碁とは、二人一組のペアを組んで対戦することを言います。 ペア碁は、卓球のダブルスのように必ずペアが交互に打ちます。(一人の人が続けて打ってはいけません) また、対戦中のアドバイスは原則禁止です。 なぜ、ペア碁...