Tsukasaの記事一覧

陽の当たる教室通信【No.51】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 なにかに取り組んでじっとしている(集中していられる)時間はトレーニングで伸ばして行けます。陽の当たる教室では小さい子でも進んで自分の学習に取り組んでいます。最初のうちは15分も続かなかった子が少しずつ集中している時間が長くなります。 だいたい、最初は10〜...
陽の当たる教室通信【No.50】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 新しい年号が発表されて、真新しい制服やランドセルを背負った子を見かけて新年度が始まったな〜と感じます。 新しい事が多く始まる時期、親御さんも大変ですが子ども達も初めての事ばかりです。子どものやる事にやきもきしてしまうかもしれません。ここで、子ども達に注意す...
陽の当たる教室通信【No.49】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもは負ける事を嫌がります。特に、負けず嫌いな子ほどそもそも負けそうな事に挑まない時があります。このような状況の時に、どのように対応すればよいのでしょうか? 1番大切な事は、先生や親がどうして欲しいかを伝える事です。負けそうだから挑まない。この中には、「...
陽の当たる教室通信【No.48】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室では、子ども達がいつもやっている棋譜並べの教材として12冊合計70対戦分のレコードがあります。子ども達は1つのレコードを並べ終えると自分のレコードブックにシールを一枚はって行きます。 前回の教室で、ついに12冊全てのレコードを並べ切った生徒が...
陽の当たる教室通信【No.47】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 3月21日に日本棋院にてボンド杯という子ども囲碁大会が開催されました!陽の当たる教室からは年少〜中学1年生まで6人の生徒が参加しました。 今大会は、園児〜高校生まで出る事ができ、レベル別に9路盤〜19路盤のクラスに別れています。今回、1番下の9路盤クラスに...
陽の当たる教室通信【No.46】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 前回の日曜日は最多の10人の生徒が来てくれました!これまでの最高は8人でしたが、ついてにひだまりに置いてある碁盤全てをつかって棋譜並べをしていました。 下は4歳〜上は中学1年生まで年齢はバラバラです。ですが、やる事は基本的に同じ事をやっています。この時に大...
陽の当たる教室通信【No.45】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室で特徴的なのは、あまり対戦を早い時期に始めない事です。 年少の子ほど、負けず嫌いは多く居ます。家族と人生ゲームやトランプをやると勝つまでやる。負けると泣いて悔しがる。「次、がんばればいんじゃない?」と声をかけても「これも勝ちたかった!」と言っ...
陽の当たる教室通信【No.44】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室には、強い子もいれば始めたばかりの子もいます。 なので、強い子も初心者も楽しめる企画を毎回考えています。 日曜日は久しぶりに人数が少なめだったので普段できない問題アスレチックをしました。 7つの問題を各所に作っておいて、子ども達がそれぞれ自分が解けそ...
陽の当たる教室通信【No.43】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 子ども達の成長は先生の予想を飛び越えてくる時があります。 たまにやっている※検討会は、つかさ先生が途中で説明している話しをちゃんと聞いていたらほとんど満点が取れるようになっています。 それでも、始めたばかりの時はなかなか正解を出せずにいた生徒達ですが、 ...
陽の当たる教室通信【No.42】
ご覧頂きありがとうございます。 陽の当たる教室のつかさ先生です。 先週の土曜日は雪が降ったので教室の準備をしながら今日は開店休業かな〜と思っていたら 小学生の男の子が一人来てくれました。 普段の土曜日は学校のある小学生が多いので園児がほとんどです。 久しぶりのマンツーマンで、棋譜並べの時に 「なんでこう打ったんだろうね...