Tsukasaの記事一覧

陽の当たる教室通信【No.58】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 普段、あまりお子さんが対戦している姿を見ていない親御さんが、大会で打っているところを見ると、打つ早さに驚かれる事があります。子ども達は、相手が打ったら間髪いれずにバシバシ置いていきます。小さい9路盤であっても大きな19路盤であっても同じです。ものの10分く...
陽の当たる教室通信【No.57】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 新学期が始まってまた徐々に生徒が増えてきました。3歳〜5歳まで幼稚園のお子様がほとんどです。3歳くらいですと親御さんが「ジッと座ってられなくて迷惑かな?」とおっしゃる方がほとんどです。 正直に言うと、3歳の子をいきなり2時間座らせる魔法を僕は持っていません...
陽の当たる教室通信【No.56】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 4月から始まった新生活から1ヶ月経ち、段々と子ども達の生活のリズムが新しくできて来た様に思います。成長とはなにを基準を見る事ができるでしょうか?以前までとどかなかったところに手がとどくようになった。今までできなかった事ができるようになった。これらはできなか...
陽の当たる教室通信【No.55】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもは時としてあまのじゃくになります。前回、このような事がありました。みんなで三択問題をやって点数を競うゲームをした時です。一番よい手を見つけたら高得点を取れますが、間違いを選ぶと得点が低くなります。ある生徒が連続で間違い続け、低得点を連発しました。そう...
陽の当たる教室通信【No.54】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 5月5日に市ヶ谷にある日本棋院にて少年少女囲碁大会が開催されました。陽の当たる教室からは4歳〜中学2年生まで7人が参加しました。 それぞれのレベルに合わせたクラスに別れての対戦で今回は初めて大会に参加した生徒が2人いました。 初めての場所で、初めての人と対...
陽の当たる教室通信【No.53】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 元号も変わって今年のGWは10連休になりました。大型連休中で、生徒が来るかドキドキしていましたが沢山の生徒がきてくれました! 陽の当たる教室は回数券制なので、必ず毎週来ないといけないわけではありません。なので、来れる時に来てくれればいいなというスタンスで先...
陽の当たる教室通信【No.52】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 4月22日に史上最年少棋士、仲邑菫さんのデビュー戦がありまたもやニュース等でも話題になっていました。仲邑菫さんが10歳、対戦相手の大森らんさんが16歳です。お二人を見ても分かる様に囲碁の棋士は若い人が多くいます。それは、囲碁の棋士には採用時に23歳未満であ...
陽の当たる教室通信【No.51】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 なにかに取り組んでじっとしている(集中していられる)時間はトレーニングで伸ばして行けます。陽の当たる教室では小さい子でも進んで自分の学習に取り組んでいます。最初のうちは15分も続かなかった子が少しずつ集中している時間が長くなります。 だいたい、最初は10〜...
陽の当たる教室通信【No.50】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 新しい年号が発表されて、真新しい制服やランドセルを背負った子を見かけて新年度が始まったな〜と感じます。 新しい事が多く始まる時期、親御さんも大変ですが子ども達も初めての事ばかりです。子どものやる事にやきもきしてしまうかもしれません。ここで、子ども達に注意す...
陽の当たる教室通信【No.49】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもは負ける事を嫌がります。特に、負けず嫌いな子ほどそもそも負けそうな事に挑まない時があります。このような状況の時に、どのように対応すればよいのでしょうか? 1番大切な事は、先生や親がどうして欲しいかを伝える事です。負けそうだから挑まない。この中には、「...