Tsukasaの記事一覧

陽の当たる教室通信【No.67】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 8月に入り、親御さんも夏休みの方もいらっしゃいました。この8月は何人かの親御さんも、囲碁のレクチャーを希望されて囲碁を始められました。 囲碁教室に通われる生徒は両親が囲碁をやると思われがちです。ですが、陽の当たる教室では囲碁がわかる親御さんは4人くらいです...
陽の当たる教室通信【No.66】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 8月15日に開催されたジュニア囲碁フェスティバルに陽の当たる教室の生徒が3名参加しました。全員、ひだまりで囲碁を始めた生徒さんで今回は9路盤クラスに2名、13路盤クラスに1名参加です。 結果は2名の生徒さんが勝ち越して昇級しました! 普段大会が開催されてい...
陽の当たる教室通信【No.65】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 今回は、夏休み限定のランチ付き囲碁教室の様子をお伝えします。今回は入門が3名と経験者が2名の合計5名が参加してくれました!特に、兄妹で参加してくださった生徒さんは遠方から2年連続で参加してくれました。 保護者からも、「子ども達も楽しかったみたいで、冬休みや...
陽の当たる教室通信【No.64】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 子どもは夏休みに入り毎週会うたびに黒くなっていきますね。今回は、生徒が対戦がやりたい!というのでいつもと違う形で対戦してみました。普段はつかさ先生がやる多面打ちを子ども達に体験してもらいました。 多面打ちとは、1人のプレイヤーが複数のプレイヤーと同時に対戦...
陽の当たる教室通信【No.63】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 先週の土曜日は女の子が4人来ました。陽の当たる教室は女の子の方が男の子より多く在籍しています。多くの囲碁教室は多くても半々か男子が多い教室がほとんどかもしれません。教室の雰囲気が明るいため、女の子も来やすいのかもしれません。 土曜日の教室の最後に2組のチー...
陽の当たる教室通信【No.62】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 教室で子ども達と居る時につかさ先生が意識しててついついやってしまいがちなミスがあります。それは「突然の予定変更」です。 これは、やってしまいがちな事です。例えば、「10分後までこれやったら終わりね」と言っていた課題を予想外に2分で終わってしまった場合です。...
陽の当たる教室通信【No.61】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 初めて囲碁をやるお子さんや、体験で遊びに来たお子さんに対して意識している事があります。それは、信頼関係を築くと言う事です。 一口に信頼関係と言っても簡単に築けるものではありません。初めて教室に来たお子さんにとっては、初めての場所、人、事であり少なからず不安...
陽の当たる教室【No.60】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 陽の当たる教室を開催しているひだまりには毎週、全国はもちろん世界各国から様々な方がいらっしゃいます。 実際に、陽の当たる教室で囲碁を覚えた生徒が日中にひだまりに来て外国人の方やご年配の方とも打っています。 スポーツとは違い、囲碁は知能を使うゲームなので年齢...
陽の当たる教室【No.59】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 囲碁教室に通っている生徒のほとんどの親御さんは囲碁ができません。お子さんが始めたタイミングに一緒に始める方も居ます。その際、小さいお子さんの親御さんから良く聞かれるのは「わざと負けてあげた方がいいんでしょうか?」というものです。 結論から言うと、親御さんが...
陽の当たる教室通信【No.58】
ご覧頂きありがとうございます。陽の当たる教室のつかさ先生です。 普段、あまりお子さんが対戦している姿を見ていない親御さんが、大会で打っているところを見ると、打つ早さに驚かれる事があります。子ども達は、相手が打ったら間髪いれずにバシバシ置いていきます。小さい9路盤であっても大きな19路盤であっても同じです。ものの10分く...