囲碁教室

陽の当たる教室通信【No.61】

ご覧頂きありがとうございます。
陽の当たる教室のつかさ先生です。

初めて囲碁をやるお子さんや、体験で遊びに来たお子さんに対して意識している事があります。
それは、信頼関係を築くと言う事です。

一口に信頼関係と言っても簡単に築けるものではありません。
初めて教室に来たお子さんにとっては、初めての場所、人、事であり少なからず不安な状態のはずです。

なので、最初は楽しんでもらう事を意識しています。
簡単にできる問題や対戦をしてできた時にはハイタッチをする。
成功して楽しんで、先生とハイタッチ等で喜びをシェアする事が信頼関係を気付く第一歩です。

信頼関係を築く事で声かけの効果が上がります。
子どもが難しい課題にだれてしまった時に
「大丈夫、あなたならできるよ」
という言葉で頑張れるようになります。

体験や初めて囲碁をやるお子さんとの最初の出会いは意識して楽しんでもらえる様にしています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆様とお会いできる日を心待ちにしております。

つかさ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください