囲碁教室

陽の当たる教室通信【No.44】

ご覧頂きありがとうございます。
陽の当たる教室のつかさ先生です。

教室には、強い子もいれば始めたばかりの子もいます。
なので、強い子も初心者も楽しめる企画を毎回考えています。

日曜日は久しぶりに人数が少なめだったので普段できない問題アスレチックをしました。
7つの問題を各所に作っておいて、子ども達がそれぞれ自分が解けそうと思った問題を解いていく形にしました。

また、どれくらいやるかも最初に子どもと決めました。
ある子は全部挑戦する。
他の子は3問やったら棋譜並べをもう一回やる。
レベルが高い子は全部挑戦する事ができますし、自分に合った問題だけやって他の事をやるのもOKにしました。
どれだけできたのを競った訳でなく、自分でできそうなのを探して取り組む取捨選択をしてもらいました。
言われた事をこなす事は多くありますが、自分で決めてやり切るのはとても大切です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆様とお会いできる日を心待ちにしております。

つかさ
blog:旅するインストラクターはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください