囲碁教室

陽の当たる教室【No.38】

ご覧頂きありがとうございます。
陽の当たる教室のつかさ先生です。

2019年に入り、史上最年少棋士の誕生で囲碁がとても話題にのぼりました!
囲碁を知っている人からも、知らない人からも、
「なんであんな小さい子(9歳)がプロになれたんですかね?」
と聞かれます。

才能、という簡単な言葉で片付けられたらとても楽ですが笑
なにより一番にあったのは彼女自身の努力に他ならないと思います。

会見の中で「一日9時間、学校がある日は6時間囲碁の勉強をしてます」
と答えていました。

もちろん、子どもが努力できる環境を作った親の努力もありますが
なにか結果が出るときは必ず努力が必要です。

才能だけで勝てる子を私は見た事がありません。
才能があっても努力をしなければ結果が出る事はありません。

陽の当たる教室は努力の仕方を楽しく覚えるのを重視しています。
3歳でも意欲的に1人で碁盤に向かう姿はとてもかっこいいです!
ぜひ、見学だけでもお越し下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆さまとお会いできる日を心待ちにしております。

つかさ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください