囲碁教室

陽の当たる教室通信【No.22】

ご覧頂きありがとうございます。
陽の当たる教室のつかさ先生です。

9月17日(月・祝)に日本棋院にて関東ジュニアペア碁大会に教室の生徒が参加してきました。
この大会は2人一組合計4人で対戦するペア碁の大会です。

通常ペア碁は男女のペアになるのですが、
関東ジュニアペア碁大会は、ペアの1人が中学生以下であれば参加できる大会です。

そのため、男男や女女の兄弟・姉妹ペアや親子ペア、
おじいちゃんやおばあちゃんと孫のペアなど色んなペアが参加しており盛り上がっていました。

陽の当たる教室からは小学生のペアが一組と親子のペアが一組参加しました。
普段の大会は個人戦なので勝つも負けるも自分1人の責任ですが、
今回は2人で打っているので、負けた時も言い訳を言い合って慰め合ってたり、
勝った時は2人で飛び上がっていたりと見ていて可愛らしかったです。

大会に参加すると、大会で良く出会う人とも仲良くなって行きます。
子ども達は子ども達の和が、保護者は保護者の輪が生まれて行きます。

普段一緒にいる人以外の人と話すととても刺激をもらえる時があります。
大会に出るのは日頃の成果を試す日でもありますが、新たな刺激をもらえる日にもなります。

土曜日にも大会があります。
子ども達にまた新たな刺激が生まれてくれることを楽しみにしておきます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆さまとお会いできる日を心持ちにしております。

つかさ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください