囲碁教室

陽の当たる教室通信【No.13】

ご覧頂きありがとうございます。
陽のあたる教室のつかさ先生です。

子どもが一番静かに集中している時は熱中して遊んでいる時です。
熱中している状態は、強制される時にはあまりできません。

子どもがこれをやりたい!と言ってそれに取り組む時が一番熱中して
集中力を養う事ができるのです。
陽のあたる教室は、子どもが自分でやる事を決めるということを大事にしています。

去年から通っている生徒は最初、
棋譜並べで20手1人で並べるのも苦戦していた時期がありましたが、
いまでは1人で200手以上黙々と並べられるようになりました。

最初から上手く行く事がなかなか無いように、子ども達は少しずつ成長してくれています。
焦らずに生徒それぞれのペースで成長できる様にカリキュラムを考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆さまとお会いできる日を心待ちにしております。

つかさ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください