ブログ

全ては繋がっている

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。
Pandoraです。

今回はエアコン故障で気が付いたことを書きます。

7/30(日)の夕方になんだか気温がぬるいなぁ。と思っていたら、
なんとエアコンの電源が切れているのではないですか!
切ってないのになぁ。。。と思って電源ボタンを押すものの、ONのランプがつきません。

店内の暑さのせいではなく、たらりと流れる汗。

ブレーカーも落ちていることもなく、これはまずいと早急にエアコンメーカーに連絡し、
修理の依頼をかける。
しかし壊れたのが夕方なので日程の確定ができず、ひとまず早めにお店を閉めて、
お客様が熱中症にならない対策をとることにしました。

翌日の気温は29度を超えていたため、お客様の体調と、自分の体調を相談し、急きょ定休日の水曜日まで連休することに決めました。

その間、メーカーの修理があったものの、もう基盤が焼けており、交換するしかないという宣告を受けました。

なんとなくそんな予感がしていたため、事前に連絡していた4年前につとめていた会社時代にお世話になった電気屋の社長に連絡をしてあり、やっぱりだめな旨を伝えたものの、この時期は厳しいぞ~と一声。

でも土曜日には大事なご予約を頂いているため、なんとしても交換しなければなりません。

そして、すぐに以前勤めていた会社に出向き、社長に直談判。
価格をぎりぎりまで下げてもらい、エアコンの交換ができる工事屋さんも以前お世話になった別のお客様を紹介して頂きました。

建物が4階建てでエレベーターなし。コンプレッサーが屋外のため、レッカーであげることに。
なんだか大事になってきました。
しかしながら、持ち前の強運で金曜日に交換工事ができることに。

そして金曜日、無事に工事も終わり、土曜日のご予約のお客様にご迷惑をおかけすることもなく、無事に営業を再開することができました。

アナログである年配のお客様は、連絡先を知っているお客様にはすべて連絡し、
それ以外のお客様は張り紙とショップカードで対応しました。
せっかくお越しいただいたのに、臨時休業してしまい本当に申し訳ございませんでした。

しかしながら、今回の一連の流れで気が付いたことは、
その時々にベストを尽くしたことは、必ず実となり、花を咲かせるということです。

昔勤めていた会社はなんともともと長原にあった会社で、今は三軒茶屋にあります。
正直お給料は安かったけれど、その時一生懸命働いて(当時は営業事務でした)、
出会った人の縁があったから、今回夏真っ只中でも多大な損害を出すこともなく、最短で工事をすることができました。

その時の自分が努力したから、今回最悪の状態にならずに済みました。
私はあまり過去を振り返るタイプではないのですが、
当時の自分にありがとうという気持ちになりました。

たった30席のお店を経営していくこと、私のキャパシティでは結構大変です。
それでもこういう経験があると、立ち上がる力(生きる力)が湧いてきます。

皆さまもきっとそれぞれ悩みやつらいことがあるでしょう。
でもそういう時は、その先に今が必ず役立つと信じてベストを尽くしましょう。

来年、3年後、5年後10年後にブログを書いていたということも力になると信じて、
今日は終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
皆さまとお会いできる日を心待ちにしております。

Pandora

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)