立ち上げまでの道のり

根をはりたい

始めましての方もそうでない方もこんにちは。ひだまりのまゆりんちです。
カフェと囲碁という新業態を立ち上げるまでの道のりの気録(記録)です。

今日から4月です。学生でもなく、新社会人でもありませんが、なにかを始めるような気持になりうきうきしています。
昨日、2件目に内見した店舗を契約し、本日からお店を借りています。
フリーレントが半月なので、内装工事をすぐにでもスタートしたいけれど、
厨房の見積りがあがってこず、何もできない状態。しかも土曜日なので、全く動きがない。

しかし、分煙対策の会社からは土曜日にも関わらず連絡がありました。
仕事をしていくうえで、スピード感があるということは信頼につながる一つですね。
私もできるだけスピード感ある仕事をしようと心がけています。

お店を一からオープンしたこともなく、囲碁カフェではなく、カフェに本腰をいれるお店のため前例がなく、たくさんの不安があります。
飲食業界をあがってからも時間があり、周りの人になんの料理を出すの?だせるのか?と聞かれてハラハラしています。
それでももう契約してしまった以上やるしかありません。

わからないなりに前に進むしかないのです。

わからないなりに今日は一つ行動をしました。
ひだまりと同じ街にある、スイーツの工房を訪ねました。
私は長原に以前住んでいたことがあるので、その工房のおいしさやこだわりは以前から知っていました。
自分が甘いものを作れないので、地域活性のためにも、そちらのお店で販売している商品を当店で仕入れられないかという相談に伺いました。

小さな行動かもしれませんが、それにより情報が得られ、つながりもできました。
自分が根を張る街が活気づけられるお店であるということ、
街の人たちが行きたくなるような店舗であるということは、
住宅街という立地ではとても大切だと思っています。

努力はやるかやらないか。技術的なことではなく、頑張りや努力はやるかやらないかだけなので、ひたすら前に進み続けます。

最後まで購読頂きありがとうございます。
いつかひだまりでお会いできるのを楽しみにしております。

写真は今度の店舗の現状の写真。どう化けるのかなぁ。

dav
dav
dav
dav

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください